街グルメin青森

青森の飲食店や街の情報を発信しています!

青森のリンゴの話

   

【PR】

「青森のリンゴの話」


先日板柳に行きました
津軽平野は真っ赤なリンゴが実る木がたくさん
収穫も今もっとも忙しく行われているように感じます。
青森県といえば、やっぱりリンゴですね
ところで青森県に最初からリンゴはありませんでした。

“こんなに赤い、きれいな実は見た事ありません、先生なんというんですか?”

“リンゴです”

明治6年のクリスマスイブ弘前の東奥義塾の英語教師ジョン・イングと学生の会話です

今でこそ青森はリンゴ大国ですが当時、青森の大半の人はリンゴなど見た事もなかったそうです

ちなみにこのクリスマスの夜イング先生は
生まれ故郷のアメリカ、ルイジアナから苗木を取り寄せてあげると生徒達と約束

次の年、10数本の苗木を取り寄せそれを弘前の土地に植えたのでした

これが青森で初めてリンゴが栽培された最初と言われています。

また、その頃の政府は西洋種の果実や野菜を日本に栽培しようと動いていましたが

そんな中にリンゴもありました。

政府から配られたリンゴの苗木は
たった30本

これが明治8年の事で

武士から農業に戻った帰農士族が
栽培に打ち込みます

明治10年弘前に
リンゴを1ヘクタール以上所有していた人が



【PR】

なんと11人だそうです。

たった3年の間に
それだけ普及していたみたいで

いかに弘前地方の栽培熱が凄かったか伺えます

その後、青森リンゴは発展の一路を邁進して行きますが

明治22年
病虫害の被害に見舞われ

それが
明治30年になると
手がつけられないほどにまで深刻になります

青森同様に
栽培に取り組んでいた宮城、山形は
この時栽培から撤退して行きます

一方青森ではリンゴの枝の切り方や、
リンゴに紙袋をかけるなど
努力に努力を重ねることによって

ついに猛威を振るった病虫害から
青森リンゴを守ることに成功

病虫害との闘いは
十何年間もの長きにわたったそうです

現在、日本一を誇る青森リンゴですが

気候風土が栽培に適した事もありますが

かげに多くの方の努力が
あった事は忘れてはいけません

ちなみに青森りんごのはじまりは
明治8年(1875年) 4月内務省勧業寮から
本県県庁にりんご苗木3本配付が最初とされています

記事参考/ふるさとの歴史 ・千葉寿夫(津軽書房)記事編集/鈴木勇(グローバルキッチンサイゴン所属)


【PR】

【PR】街グルメ主催近況イベント

 - 板柳, 街の歴史, 郷土料理, 食の豆知識 , , ,